川村美紀子『へびの心臓』ダンス公演

Alphard 1_copyright editheader日本のコンテンポラリーダンス界、期待の大型新人・川村美紀子による東南アジア・プレミア公演

この度、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターでは、日越友好年を記念し、川村美紀子『へびの心臓』ダンス公演を通じ、ベトナムにおける「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに参加します。

「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルは、2013年の今年、第3回目を迎えるベトナムにおけるコンテンポラリーダンスフェスティバルです。

元々は「ヨーロッパ・ミーツ・ベトナム」と称されていたフェスティバルに、2013年の今年から日本が加わったことで、「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルと改名されました。

過去最大となった今年のフェスティバルには、ドイツ、ベルギーの常連国に加え、フランス、イギリス、イスラエル、そして日本の振付家/ダンサーが参加します。

日本からは、横浜ダンスコレクションEX2011 新人振付家部門・最優秀新人賞を皮切りに、2011~2012年度の新人賞を総なめにした期待の大型新人・川村美紀子(公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー)が参加。

構成的にも技術的にも難易度が高く、繊細かつ力強い作品として日本国内外から高い評価を得ている『へびの心臓』(2012年2月、横浜でプレミア上演)を上演します。

音楽の選択においても、身体表現のうえにおいても、ヨーロッパのダンスとは一線を画した川村美紀子の公演は、「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに多様性をもたらすのみならず、ベトナムの観客に独特な印象とインスピレーションを与え、大きな反響を呼ぶことが期待されます。

.

川村美紀子『へびの心臓』公演


【日時】 2013年9月26日(木)&27日(金)
[開場]19:30 [開演]20:00
.
【会場】 青年劇場/Youth Theatre (11 Ngo Thi Nham, Hanoi)
.
【プログラム】 9/26(木)
1)『シロン(Sillon)』(ベルギー)
2)『へびの心臓』(日本)
3)『Mushroom X』(イスラエル)
.
9/27(金)
1)『へびの心臓』(日本)
2)『シロン(Sillon)』(ベルギー)
3)『Lighting』(ドイツ&ベトナム)
.
【入場料】 無料。但し、事前配布のチケット入手が必要。
.
【チケット配布先】 申し訳ございませんが、入場券の配布は終了いたしました。ご了承願います。
国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
[営業時間:09:30~18:00、無休]
Goethe Institute (56-58 Nguyen Thai Hoc)
L’Espace (24 Trang Tien)
British Council (20 Thuy Khue)
.
【備考】 チケットは、お一人様につき、原則、2枚まで。
10歳以下のお子様は、原則、入場をお断りさせていただきたく、
ご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバル
.
【主催】 EUNIC
ゲーテ・インスティテュート
ベトナム国立オペラ舞踊団
【共催】 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
レスパス(フランス文化センター)
ブリティッシュ・カウンシル
在越イスラエル大使館
在越ベルギー大使館

 

プロフィール


artist川村 美紀子 (かわむら・みきこ)

1990年生まれ。

16歳からストリートダンスを始める。

日本女子体育大学(舞踊学専攻)在学中の2011年、横浜ダンスコレクションEX2011 新人振付家部門・最優秀新人賞を受賞。2012年2月、横浜ダンスコレクションEX2012において、前年度の受賞者公演として『へびの心臓』を発表後、2012年10月、ダンストリエンナーレトーキョー2012 − JAPAN FOCUSにて同作が上演され、大きな注目を集める。

主な作品に、『むく/muku』(2010-2011)、『がんばったんだね、お前の中では』(2011-2012)、『へびの心臓/Alphard』(2012)、『すてきなひとりぼっち/Fantastic One-man Ping Pong』(2012)、『euphoria』(2013/横浜ダンスコレクションEX2013 海外フェスティバル交流プログラム)他。

活動は国内に留まらず、ソウル国際ダンスフェスティバル(2011)、フィンランド・ヨヨオウルダンス・フェスティバル(2013)、マルタフェスティバル・ポズナン(2013)等に招聘され作品を発表している。

コンテンポラリーダンス界の新鋭として、ダンスがみたい!新人シリーズ10新人賞、オン★ステージ新聞 2012年新人ベスト1振付家、第1回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞、第7回日本ダンスフォーラム賞など、2011〜2012年度の新人賞を総なめに。

公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー(2013−2014年度)。

現在、ルーマニア/日本:コンテンポラリーダンスプラットフォーム「Eastern Connection」(Gabriel Tudor財団/ルーマニア)、共同制作「It’s not us, it’s only glass」(Domino/クロアチア)、の2つの海外プロジェクトが進行中。

.
『へびの心臓 Alphard』


出演・振付:川村美紀子

横浜ダンスコレクションEX2012 新人振付家サポート上演作品 @赤レンガ倉庫1号館
ダンストリエンナーレトーキョー2012 JAPAN FOCUS 招聘作品 @青山円形劇場
ポーランド・ポズナン マルタフェスティバル 招聘作品

【アルファルド】
うみへび座のα星。アルファルド(Alphard、α Hydrae、略称α Hya)は、アラビア語由来でفرد|الفرد (al-Fard, Fard)より。意味は「孤独なもの」。周囲に明るい星がないことから名づけられた名前である。別名コル・ヒドレ(Cor Hydrae、ラテン語で「蛇の心臓」の意)はティコ・ブラーエによって名付けられた。丁度、うみへびの心臓に位置することに由来する。視等級は1.98等。2等星の中では際立って明るいほうではないが、アルファルドの属するうみへび座をはじめ、周囲の星座はろくぶんぎ座、コップ座など暗い星ばかりからなる星座ばかりであるため、その中で橙色に光るこの星は、容易に見つけることができる。スペクトル型はK3Ⅱ-Ⅲで、巨星である。距離は177光年。(Wikipediaより抜粋引用)

ステージは、9分割された升目状の照明で構成される。暗闇の中、順番に一つのマスにスポットがあたり、それぞれの区画には異なる音楽が割り振られている。升目に区切った空間を移動しながら踊る本作品は、川村曰く「知覚を踏む」感覚を具体化したもの。美術・照明プラン、および音楽もすべて川村が手がけている。構成的にも技術的にも難易度が高く、繊細かつ力強い作品として高い評価を得ている。
.
【問合せ先】

国際交流基金ベトナム日本文化交流センター(担当:吉岡)
27 Quang Trung, Hoan Kiem, Hanoi│TEL(携帯)+84-(0)123-384-4138
Email:norihiko_yoshioka@jpf.org.vn


Views: 5,683
コメント


0 コメント

レンダー
  • [事務室営業時間] 08:30 – 12:00 / 13:30 – 17:30
  • [図書館営業時間]     09:30 – 12:00 / 13:00 – 18:00
  • [展覧会営業時間]    09:30 – 18:00
去のイベント