• nakamura
    公演

    [HANOI] 悪童『古き悪き慢性固執シンドローム -日本人編』公演

    木曜日, 9月/8/2016

    悪童 ダンス公演 『古き悪き慢性固執シンドローム ー日本人編』 「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルへの参加 国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、本年もベトナムにおける「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに参加、中村駿、歌川翔太のダンスユニット「悪童」による『古き悪き慢性固執シンドローム…

  • Untitled
    公演

    [ ハノイ] ダンス公演 ニブロール 『リアルリアリティ』

    土曜日, 12月/26/2015

    国際交流基金(アジアセンター)は、日本のダンスカンパニー、ニブロールがベトナムで行う『リアルリアリティ』公演を助成しています。公演にはベトナム人ダンサーも出演します。 【リアリティが希薄になった現代を生きる私たちが実感できる身体を探る】 テレビやインターネット、携帯電話などの様々なテクノロジーの発達によって、遥か彼方での出来事や、過去や未来にある時間を、あたかも今ここにあるかのように具現化することが可能になりました。しかし、それでも私たちは遠くで起こる悲劇を想像することすらできず、そこにある身体を共有することができません。本作では、そんなリアリティが希薄になった現代だからこそ、必ずその場に居合わせなければ体験出来ない舞台芸術のもつ根源的な力、すなわち、今ここにいて、限りがあり、不確かな未来を生きている私たちが実感できる身体を提示し、真のリアリティを感じ取れる作品を提示します。今回のアジアツアーでは現地のダンサーとのコラボレーションを経て、作品に各地のリアリティを取り込み、上演します。 【作品コンセプト】 身体を省略し拡張する 人はできるだけ動かなくてすむようにテクノロジーを駆使する 人々の想像は遥か彼方にある場所や、過去や未来にある時間を あたかも今ここにあるかのように具現化しようとする それでも人は遠くでおこっている悲劇を想像することすらできない そこにある身体を共有することができない なにもない場所に立ち、リアルのない時間を過ごし、 言葉のない声を聞き、カラダのない人に出会う 死はすぐそこにあり、無限であり、確定的 生きることはいまここにあり、限りがあり、不確定な未来にある 身体がなくてもいい時代を生きる私たちが実感できる身体をさがす 私たちは生きています。 ニブロール公演 『リアルリアリティ』 【日時】 2016年1月15日(金)   [開場]19:30 [開演]20:00 【会場】 青年劇場…

  • Untitled6
    公演

    (ハノイ)コンテンポラリーダンス公演 『もう一つの話』

    金曜日, 12月/11/2015

    国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、小野寺修二氏率いるカンパニーデラシネラによるコンテンポラリーダンス公演『もう一つの話』を実施します。 カンパニーデラシネラは、2006年に結成され、国内外で公演を行っています。11月にはニューヨークでの公演を成功裏に終えています。ベトナムでは初めての公演となり、2作品を上演します。マイムの技術をベースにした演出は演劇的であり、また、客席に座っているだけなのに観客の視点が移動しているかのような感覚や、マイム独特の、見えないものが見えてくる感覚で、観客を魅了します。 主宰の小野寺修二氏は、パフォーマンスシアター「水と油」(1995-2006)で、すべての振り付けと演出を担当、国内外で公演を行ってきました。解散後の2006年にカンパニーデラシネラを結成、カンパニーでの活動のほかにも、演劇作品の演出や振付などで幅ひろく活動し、注目を集めています。 今回、小野寺氏は、文化庁文化交流使として12月中旬から1月末まで、ベトナム、タイに滞在し、ワークショップやリサーチを行う予定です。ベトナムでは、ホーチミン市、ハノイでダンサーや学生に対するワークショップを実施します。 カンパニーデラシネラ公演 『もう一つの話』 【日時】 2016年1月9日(土)&10日(日) [開場]19:30 [開演]20:00 【会場】 青年劇場/Youth…

  • Untitled
    公演

    KENTARO!! 『Kelex Goes Back to the Woods』ダンス公演 「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルへの参加

    金曜日, 9月/18/2015

    ヒップホップをベースに活躍中のKENTARO!! ベトナムで最新作を公演 国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、本年もベトナムにおける「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに参加、KENTARO!!による『Kelex…

  • otomo
    公演

    ハノイ・コレクティブ・オーケストラを実施

    火曜日, 9月/8/2015

    アンサンブルズ・アジア・オーケストラによる ハノイ・コレクティブ・オーケストラを実施 このたび、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、9月27日(日)に、参加者が即興で演奏するオーケスト ラパフォーマンス「ハノイ・コレクティブ・オーケストラ」を実施します。パフォーマンスに先立ち、楽器を作るワークショッ プも行います。 国際交流基金は、音楽の専門家ではない人々と交流しながら、自由な形のオーケストラを作るプロジェクト 「アンサンブルズ・アジア・オーケストラ」を2014年に開始しました。今回、このプロジェクトのひとつとして、 「ハノイ・コレクティブ・オーケストラ」のワークショップとパフォーマンスを実施します。 9月22日から26日にかけて、日本の音楽家の大友良英、美術家の藤浩志、写真家の石川直樹、東北地方に関係す る日本の学生6名がハノイに滞在し、ベトナムの若手美術家・学生等とともにハノイの暮らしの中にある素材を探して楽器を考案します。 27日には、誰でも参加で    きる楽器づくりのワーク ショップと、即興で演 奏するオーケストラのパ フォーマンスを行います。 このワークショップとオー ケストラのパフォーマンス は、楽器が演奏できない 人でも参加できますし、 また楽譜も使いません。 どんな音楽になるのか は、音楽をつくる場所と人 しだい。集まった人たちのきもちと話し合いによって、じぶんたちの音楽が生まれていきます。入場は無料、自由参 加で事前登録の必要もありません。ぜひご参加ください。 ※入場者多数の場合には、入場制限を行う場合があります。 Hanoi…

  • website_04
    公演

    [ハノイ] ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~(配布終了)

    金曜日, 2月/27/2015

    申し訳ございませんが、入場券の配布は終了いたしました。ご了承願います。 ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~ダンス・ダンス・アジア このたび、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、ストリートダンスをベースとした3つのグループ、 「Moreno…

  • profile_ex1
    公演

    [ハノイ] 和太鼓グループ BATI-HOLIC 公演 (配布終了)

    金曜日, 12月/26/2014

    申し訳ございませんが、入場券の配布は終了いたしました。ご了承願います。 ベトナムに再び - 伝統の枠を超える和太鼓グループ  ハノイ、タインホアで公演   この度、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターでは、和太鼓グループ、BATI-HOLIC(バチ・ホリック)公演を開催いたします。ベトナムでは、去る4月にハノイ、フエで公演し、力強い演奏が観客を魅了しました。今回は、ハノイでの演奏に続いて、タインホアでの日本文化の日でもパフォーマンスを行います。 バチ・ホリックは和太鼓に、唄・篠笛も交えた楽器編成で活動するパフォーミングアーツグループ。2004年に結成され、古都・京都を拠点として活動してきました。国内だけでなく国外でも演奏活動を展開し、公演は年間100回にも及びます。 伝統的な楽器を用いながらもロックを志向し、伝統の枠を超えたスタイルが特徴です。現代的な感性で構築された情熱的なステージで、各地のステージを沸かせています。  ■…

  • banner
    公演

    「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバル(配布終了)

    土曜日, 9月/13/2014

    申し訳ございませんが、入場券の配布は終了いたしました。ご了承願います。 日本のコンテンポラリーダンス界、注目の若手中村蓉による東南アジア初公演 国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、昨年に引き続きベトナムにおける「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに参加、中村蓉による『別れの詩』公演を実施します。 「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルは、2014年の今年、第4回目を迎えるベトナムにおけるコンテンポラリーダンスフェスティバルです。 当初、「ヨーロッパ・ミーツ・ベトナム」と称されていたフェスティバルに、2013年から日本が加わり、「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルとして実施されています。 本年のフェスティバルには、ドイツ、ベルギー、フランス、スウェーデン、フィンランド、そして日本の振付家/ダンサーが参加します。 日本からは、ヨコハマダンスコレクションEX2013で審査員賞およびシビウ国際演劇祭賞を授賞、海外での公演やワークショップへの招聘が増えつつある若手ダンサー・振付家の中村蓉が参加。ヨコハマダンスコレクションでも上演した『別れの詩』を上演します。 . 中村…

  • ft
    公演

    和太鼓グループ  BATI-HOLIC 公演 (配布終了)

    土曜日, 3月/22/2014

    申し訳ございませんが、入場券の配布は終了いたしました。ご了承願います。 伝統の枠を超える和太鼓グループ ハノイ、フエで公演 この度、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターでは、和太鼓グループ、BATI-HOLIC(バチ・ホリック)公演を開催いたします。 バチ・ホリックは和太鼓に、唄・篠笛も交えた楽器編成で活動するパフォーミングアーツグループ。 2004年に結成され、古都・京都を拠点として活動してきました。国内だけでなく国外でも演奏活動を展開し、公演は年間100回にも及びます。 伝統的な楽器を用いながらもロックを志向し、伝統の枠を超えたスタイルが特徴です。現代的な感性で構築された情熱的なステージで、各地のステージを沸かせています。 今回は、ハノイでの公演後、フエで開催されるフエ・フェスティバルでもパフォーマンスを行います。 . 公演日程 ハノイ 【日時】 2014年4月9日(水)…

  • ft1
    公演

    川村美紀子『へびの心臓』ダンス公演

    水曜日, 9月/18/2013

    日本のコンテンポラリーダンス界、期待の大型新人・川村美紀子による東南アジア・プレミア公演 この度、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターでは、日越友好年を記念し、川村美紀子『へびの心臓』ダンス公演を通じ、ベトナムにおける「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに参加します。 「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルは、2013年の今年、第3回目を迎えるベトナムにおけるコンテンポラリーダンスフェスティバルです。 元々は「ヨーロッパ・ミーツ・ベトナム」と称されていたフェスティバルに、2013年の今年から日本が加わったことで、「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルと改名されました。 過去最大となった今年のフェスティバルには、ドイツ、ベルギーの常連国に加え、フランス、イギリス、イスラエル、そして日本の振付家/ダンサーが参加します。 日本からは、横浜ダンスコレクションEX2011…

レンダー
  • [事務室営業時間] 08:30 – 12:00 / 13:30 – 17:30
  • [図書館営業時間]     09:30 – 12:00 / 13:00 – 18:00
  • [展覧会営業時間]    09:30 – 18:00
去のイベント