• (ハノイ)日本語教育セミナー・ビジネスコミュニケーション教育を考える
    講演

    (ハノイ)日本語教育セミナー・ビジネスコミュニケーション教育を考える

    火曜日, 5月/23/2017

    近年、ベトナムと日本間の経済交流、人的交流が進んでいます。しかし、ベトナム人が日本人と仕事していく中で、さまざまなコミュニケーション上の誤解や、仕事のやり方の違いが浮き彫りになってきています。また、習慣や価値観の違いも大きいことは否めません。 本セミナーでは、なぜ誤解や摩擦が起こるのか、日本語を使って仕事ができるとはどういうことか、どのようにそれらを日本語の授業に組み込んでいくのか、などについて考えていきます。教師が「企業のことは知らない、わからない」ということは、グローバル時代には通用しません。教師自身の課題達成力、問題発見解決力、異文化理解力を強化するための研修でもあります。 一緒にビジネスコミュニケーション教育について考えてみませんか。 【日時】 2017年6月4日(日)9:00-12:00 【場所】 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター 【参加人数】 25名まで 【参加条件】 N2程度。日本語でディスカッションができる方。 【研修の目的】  ・日本人とベトナム人が働く現場について考える  ・日本語で仕事ができるとはどういうことか、仕事上の課題達成のプロセスから考える 【主な内容】 (1)グローバル時代におけるビジネスコミュニケーション (2)ワークショップ① ケース学習 -日本人と働く職場についてトラブルの事例から考えるー (3)ワークショップ② プロセスアプローチ -仕事力と日本語力を同時に身につけるー (4)ビジネス日本語教育の実践紹介 (5)内省・振り返り 申込方法:http://kokucheese.com/event/index/469813/にて、5月26日23時まで(ベトナム時間)にお申し込みください。ご質問はinfo.businessprocess@gmail.com までご連絡ください。定員に達し次第締め切らせていただきます。参加費は無料です。参加者には、事前課題があります。(ケース1 『ビジネスコミュニケーションのためのケース学習』ココ出版より)後日参加者にメールにて配布します。 【講師】 近藤彩(麗澤大学/ビジネス日本語研究会幹事) 金孝卿(大阪大学)、品田潤子(国際日本語普及協会 ビジネス日本語研究会幹事) ・主催 ビジネス日本語研究会 http://business-japanese.net/ 協力 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター The…

  • Everyone wants to retreat from the world sometimes. But some Japanese people find themselves spending months, sometimes years of their lives in their bedrooms: only surfing the internet, reading manga and will not come out. Usually male and usually in their twenties, these are Japan's "missing million," otherwise known as Hikikomori— one of the biggest social and health problems facing Japan now. 

Japan's Ministry of Health, Labor and Welfare has defined a hikikomori as a person who does not participate in society (particularly school or work) and has no desire to do so. A hikikomori is also someone who doesn't have any close, non-familial relationships. These withdrawal symptoms must last for at least six months and the social withdrawal itself must not be a symptom of a pathological problem.

There may be over one million hikikomori in Japan, or approximately 1% of the total Japanese population. While the degree of the phenomenon varies on an individual basis, in the most extreme cases, some people remain in isolation for years or even decades. Moreover,  the most widely reported cases of hikikomori are from middle- and upper-middle-class families whose sons, typically their eldest, refuse to leave the home, often after experiencing one or more traumatic episodes of social or academic failure. However, considering that hikikomori adolescents are hidden away and their parents are often reluctant to talk about the problem. 

Japanese health professionals are now scrambling to stop the next generation from suffering the same fate. Not only is the condition shattering families, it is also threatening the country's economy. 

While hikikomori is mostly a Japanese phenomenon, some cases have been found in the United States, Spain, Italy and South Korea.
    講演

    [ハノイ]JF Asia Center Fellow report │ JFアジアセンターフェロー報告会 | ひきこもり

    水曜日, 3月/8/2017

    国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、3月15日、3月17日に、アジアセンターフェローとして日本で制作活動を行ったベトナム人写真家マイカ・エラン氏と、撮影に協力した、ニートひきこもりに対する支援活動を行っている大栗彩子氏を迎え、トークショーを開催します。 マイカ氏がフェローシップを得て行った日本での撮影活動や撮影から感じたこと、またこのプロジェクトの方向について話す一方で、大栗氏は、実際の支援活動から得られた経験や活動の内容をお話しいただきます。また、この活動を経て、ひきこもりの状況から抜け出して社会に戻る途上にある日本の若者もゲストに招き、様々な視点から紹介します。 時間:  2017年3月15日(水)  18:30-20:30│入場無料  国際交流基金ベトナム日本文化センター 中庭/ギャラリースペース  (27…

  • ft
    講演

    高橋源一郎さん 作家巡回講演会

    金曜日, 2月/28/2014

    デビュー作『さようなら、ギャングたち』で群像新人長編小説賞優秀作、『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞し、現在は複数の文学賞選考委員を務め、明治学院大学で教鞭もとるアヴァン・ポップ文学の旗手、高橋源一郎さんによる講演会を開催いたします。 2013年に、高橋さんのデビュー作『さようなら、ギャングたち』(1982年)がベトナム語に翻訳出版され、ベトナムの文学愛好者のあいだでも大きな話題となっているなか、今回の講演会では、ご自身の原点であるデビュー作の創作秘話、その後の作家としての活動、さらに、誰もが気軽につぶやけるネット時代における作家の役割について、存分に語っていただきます(ベトナム語逐語通訳付)。 この機会に、ベトナム人の知人・友人も、お誘いあわせのうえ、是非、お楽しみください。 . 高橋源一郎 作家講演会 ハノイ 【日時】 2014年3月10日(月) 14:00-16:00 【会場】 ハノイ人文社会科学大学 5階ホール (336…

  • BackgroundImage
    講演

    パブリックレクチャー「日本の国際関係~日本・中国・米国関係と東南アジア~」

    金曜日, 3月/8/2013

    国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、ベトナム国家大学附属人文社会科学大学、ホーチミン市国家大学附属人文社会科学大学とともに、日越友好年を記念し、パブリックレクチャー「日本の国際関係~日本・中国・米国関係と東南アジア~」を開催いたします。 オバマ政権の二期目が発動し、日本、中国ともに新政権が発足するなど、日本を取り巻く国際環境が劇的に変化するなか、日越の気鋭の学者・研究者が、中国、米国と日本の関係における課題や展望を、特に東南アジアとの関係性も視野に入れながら論じます。 まず第一部において、慶応義塾大学東アジア研究所所長も務める添谷芳秀教授、『文化と外交』等の著作のある渡辺靖教授が基調講演を行い、続く第二部におい…

  • furoshiki3920-227x151
    ワークショップ

    ふろしきレクチャー&ワークショップ(3/9~12)のお知らせ

    火曜日, 7月/3/2012

    いま、エコでファッショナブルな存在として再び注目を集める「ふろしき」を、今月ベトナムで紹介しま す。ベトナム日本文化交流センターは、3月9日から12日まで、ふろしき専門家半田博子さんを招いて、ハノイ市とホーチミン市において、ふろしきに関するレクチャーとワークショップを実施します。   ■ ハノイ 【3月09日(火)】  会場:ベトナム日本文化交流センター 14:00~15:00 ワークショップ 15:30~16:30 ワークショップ 17:00~18:00 ワークショップ 【3月10日(水)】  会場:ベトナム国立美術大学 9:00~10:00 レクチャー 10:30~11:30- ワークショップ 14:30~15:30 レクチャー 15:30~16:00 ワークショップ ■ ホーチミン 【3月11日(木)】  会場:ホーチミン市友好協会連盟 14:00~14:45 ワークショップ 14:55~15:40 ワークショップ 15:50~16:35 ワークショップ 【3月12日(金)】  会場:ホーチミン市友好協会連盟 9:00~9:45 ワークショップ 9:55~10:40 ワークショップ 10:50~11:35 ワークショッ     ハノイでのワークショップは人数の制約があるため、ベトナム人が対象となります。お知り合いのベトナム人にご案内いただければ幸いです。一方、レクチャーは100人程度の参加が可能ですので、ふろしきの講演と実演…

  • P1040346
    講演

    ハノイ囲碁イベント(終了)

    火曜日, 7月/3/2012

    一般市民向けの囲碁の講演会を実施します。午後にはハノイにある囲碁クラブと東京大学教養学部の共催にて、予選を勝ち抜いた各選手によるハノイ市囲碁マッチを行います。なお、決勝の1戦については、黒瀧プロ(棋士7段)による解説を行います。興味のある方ぜひお越しください! 【日時】 2009年4月5日 【場所】 ベトナム日本文化交流センター

  • 講演

    火曜日, 7月/3/2012

    このたび、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターでは、作家の小野正嗣さんによる講演会を開催いたします。 小野正嗣さんは、 『にぎやかな湾に背負われた船』で三島由紀夫賞を受賞し、『水死人の帰還』、『マイクロバス』で二度、芥川賞候補に推されている気鋭の若手作家です。初のエッセイ集『浦からマグノリアの庭へ』で文芸評論家としての冴えも見せる小野さんに、特に現代文学に焦点を当てた日本文学史、そしてご自身の創作論を存分に語っていただきます(ベトナム語逐語通訳付き)。ベトナム人の知人・友人も、お誘い合わせのうえ、お楽しみください。(入場料無料)     ■小野正嗣(おの・まさつぐ) 1970年生まれ。パリ第8大学にて博士号取得。主な作品に『水に埋もれる墓』(朝日新人文学賞)、 『にぎやかな湾に背負われた船』(三島由紀夫賞)、『マイクロバス』など。2011年1月現在、明治学院大学文学部専任講師(現代フランス語圏文学)。       ■小野正嗣さん講演会概要(入場料無料)   ハノイ    日時: 2011年3月8日(火) 09:00~10:30 会場: ベトナム社会科学院 会議室3D (1…

レンダー
  • [事務室営業時間] 08:30 – 12:00 / 13:30 – 17:30
  • [図書館営業時間]     09:30 – 12:00 / 13:00 – 18:00
  • [展覧会営業時間]    09:30 – 18:00
去のイベント