KENTARO!! 『Kelex Goes Back to the Woods』ダンス公演 「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルへの参加

ヒップホップをベースに活躍中のKENTARO!!

ベトナムで最新作を公演

国際交流基金ベトナム日本文化交流センターは、本年もベトナムにおける「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルに参加、KENTARO!!による『Kelex Goes Back to the Woods』公演を実施します。

「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルは、2015年の今年、第4回目を迎えるベトナムにおけるコンテンポラリーダンスフェスティバルです。

当初、「ヨーロッパ・ミーツ・ベトナム」と称されていたフェスティバルに、2013年から日本が加わり、「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバルとして実施されています。

本年のフェスティバルには、ベトナムのほか、ドイツ、ベルギー、フランス、ポーランド、イスラエル、そして日本の振付家/ダンサーが参加します。

日本からは、ヨコハマダンスコレクションRでフランス大使館若手振付家賞を受賞、トヨタコレオグラフィーアワードにおいては観客賞、次世代特別賞を受賞。2010年には日本ダンスフォーラム賞を受賞したKENTARO!!が参加。ヒップホップ、ロック、ハウスダンスをベースとしたダンスを創り、海外でもアジア、ヨーロッパでの公演をお紺っています。今回は、本年7月にモンペリエ(フランス)で初公演を行った新作「Kelex Goes Back to the Woods」を上演します。

KENTARO!!Kelex Goes Back to the Woods』公演


【日時】 2015年10月3日(土)&4日(日)
10月3日 [開場]14:30 [開演]15:00
10月4日 [開場]19:30 [開演]20:00
【会場】 青年劇場/Youth Theatre (11Ngo Thi Nham, Hanoi)
【プログラム】 10/3(土)
1)『ArtLana』(イスラエル)
2)『Kelex Goes Back to the Woods』(日本)
10/4(日)
1)『Kelex Goes Back to the Woods』(日本)
2)『DSM-IV 301.81 – The personality disorders of type B』
(ポーランド)
3)『Yes Yes No No 』(ベトナム)
【入場料】  無料。但し、事前配布のチケット入手が必要。
【チケット配布先】 9月23日(水) 12時開始
国際交流基金ベトナム日本文化交流センター(27 Quang Trung)
[営業時間:09:30~18:00、日曜休]
以下の施設でも配付します。
Goethe Institute (56-58 Nguyen Thai Hoc)
L’Espace (24 Trang Tien)
【備考】 チケットは、お一人様につき、原則、2枚まで。
10歳以下のお子様は、原則、入場をお断りさせていただきたく、ご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

「ヨーロッパ・ミーツ・アジア」ダンスフェスティバル

【主催】 EUNIC
ゲーテ・インスティテュート
ベトナム国立オペラ舞踊団
【共催】 国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
レスパス(フランス文化センター)
在越ベルギー大使館
在越ポーランド大使館
在越イスラエル大使館

プロフィール


KENTARO!! (けんたろう)

1980年生まれ。小学生の時テレビで「ダンス甲子園」を見て衝撃を受け、見よう見まねで踊りだす。その後、13歳よりダンススクールの存在を知り本格的に習い始める。

ヒップホップを中心としたストリートダンスのテクニックをベース
とし、既存のスタイル化されたものとは異なった独自の表現を
創作し続ける。

2009年よりダンスグループ的カンパニー「東京ELECTROCK STAIRS」を結成、自作音源に特化した作品を創作し、音楽とあいまいにシンクロしながら、意味のある/なしをランダムに織り交ぜ構成している。

2008年、横浜ダンスコレクションRにて、「若手振付家のための在日フランス大使館賞」、トヨタコレオグラフィーアワード2008にてオーディエンス賞、ネクステージ特別賞を受賞。2010年には、第4回日本ダンスフォーラム賞を受賞している。

海外での公演は、ソウル国際ダンスフェスティバル(韓国)、インドネシアダンスフェスティバル(インドネシア)、香港芸術祭(香港)、釜山国際ダンスフェスティバル(韓国)のほか、マルセイユ、モンペリエ(仏)、ポーランド、ブルガリア、ドイツ、インドなど多数行っている。

『Kelex Goes Back to the Woods』


出演・振付:KENTARO!!

あるき、うたい、またあるく。

いくつものストーリーが、理由もなく浮かび上がり、消えていく。

そこには記憶があるだけ。記憶として残るだけ。

そしてずっと、そこに残り続ける。

2015年7月に、フランスでプレミア公演をおこなった新作の、アジア初公演です。

■ Press Release 

Japanese

Vietnamese

English

■ 本件に関するお問い合わせは、次の連絡先までお願いします

担当:河井 (内線: 109)

国際交流基金 ベトナム日本文化交流センター

27 Quang Trung, Hoan Kiem, Hanoi, Vietnam       TEL 04 3944 7419    www.jpf.org.vn


Views: 1,266
コメント


0 コメント

レンダー
  • [事務室営業時間] 08:30 – 12:00 / 13:30 – 17:30
  • [図書館営業時間]     09:30 – 12:00 / 13:00 – 18:00
  • [展覧会営業時間]    09:30 – 18:00
去のイベント